肌が乾燥しないように丁寧にスキンケアする


就寝前のスキンケアとして、乾燥しやすい口元やその周りに美容液やリップクリームをしっかりとぬっておくのがわたしの美容法です。寝てる間はとても乾燥するため、朝起きた時に口元にシワやたるみができてしまいます。顔全体の保湿クリームや保湿美容液も大切だとは思いますが、特に乾燥しやすい口周りを重点的にケアすることはアンチエイジングにとってとても大切なことだと思います。朝起きた時に、ふっくらした唇とハリのある口元になっているとテンションが上がります。朝、顔がむくんでいるときや、乾燥していると思ったら「フェイスパック」がおすすめです。これを利用すると、他の事をしながらスキンケアできます。数分間やるだけでも化粧のノリが違ってきます。気分がグッと上がり、顔のむくみを解消できます。またオールインワンの化粧品を使うと、時短スキンケアできます。最近のオールインワンは保湿もしっかりしているので、朝の忙しいときには本当に助かります。それでも乾燥が気になるときは、美容液をつけおくといいですよ。朝の洗顔は基本的には、洗顔料を使わないほうが良いです。あまり使いすぎると、必要な油分まで取り除いて乾燥を招いてしまいます。油分が顔について気になる場合に洗顔料を使って落としていきます。朝起きて目が腫れぼったかったり顔がむくんでいる時は、血行が悪くなっている証拠。少しツボを刺激すると、血流が改善します。目のクマは、こめかみをマッサージ血流やリンパの流れを良くします。目頭の位置からこめかみに向かって、優しくマッサージします。できることから少しずつがアンチエイジングの基本です。
マイクロニードルパッチ 比較