化粧品のコールセンターの仕事をしていてわかったこと


私はとても乾燥肌なので肌に優しくすることを意識していました。化粧品のコールセンターで電話をうけるなかで、肌のシミにの次に多かった相談はくすみでした。
スキンケアで大切なことは必要以上にこすらないことの大切さだと思います。

女性は顔をさわることがかなり多いですよね。メイク落としや洗顔、ファンデを塗るとき、チーク、アイシャドウなど、1日の中でもかなりの時間触ることになります。
このさわる時間を少し減らすことや優しくするだけで、持っている化粧品を変えなくてもお肌はよくなります。

メイク落としは、シートで擦るタイプは肌への負担が大きいです。オイル系のものをたっぷりつけて優しくメイクと馴じませてから、しっかりすすぎます。すすぎのときもこすらないようにします。シャワーの直当てもあまりよくありません。必ず流水を手に取りこすらないようにちゃんと洗い流します。

洗顔もしっかり泡を立て、泡の部分で優しく洗います。手が肌に触れてこすらないようにします。

お風呂上がりなら、できれば浴室の中に化粧品を持っていくといいでしょう。洗顔後、浴室のドアを開ける前に、顔に基礎化粧品を塗ってから出るのがおすすめ。化粧品はこすらないように手でおさえるのが基本です。浴室で基礎化粧を終えることで、ミスト効果も手伝って化粧水もしっかり浸透します。少しでもドアを開けてしまうとミスト効果は減少します。

メイクで意識することは、ファンデーションでは、パウダーを上質のブラシでつけるのがおすすめ。
自前の化粧品でもいいので、メイク道具をキレイにすることを意識してください。不潔なメイク道具は肌に予想以上に痛めます。

擦らないことを実践するだけで、肌は格段に生まれ変わります。
アレティストレートヘアアイロン 販売店